調理効率が変わる!?各種キッチン雑貨の選び方のコツ

賢いフライパン選びで焦げ付きを予防

キッチン雑貨の選び方次第では、調理はもっと便利で簡単なものに変わりますね。キッチン雑貨で活躍の場面が多いのがフライパンです。フライパン選びで特に重視したいのが、加熱部分のコーティングの種類です。現代のフライパン製品の多くには、食材の焦げによるこびりつきを防ぐため表面にコーティングが施されています。新しい製品ではコーティング技術が向上し、耐久性がアップしています。多少手荒に扱ったり高温に晒したとしても、コーティングが剥がれる問題は少なくなりつつありますね。

包丁の選び方の重要なポイント

調理の際に欠かせない道具の一つが包丁でしょう。包丁は扱いやすさやメンテナンスのしやすさで選ぶ必要があります。普段の調理に使う包丁であれば、あまり大きすぎるものは適していません。包丁を持て余すと怪我をする可能性もあるため注意しなければならないです。材質はステンレス製の物を選ぶと錆びないため大変便利でしょう。また包丁は使い続けるにつれ刃先が丸くなり、切れにくくなります。刃を研ぐための砥石やあるいはタッチアップを用意しておくと、包丁の切れ味が長持ちします。

ボウルは大きさや材質を各種取り揃えると便利

キッチンにあると何かと便利であるのがボウルです。ボウルは大きさを各種取り揃えていると、適材適所で使えて便利ですね。小さすぎると物があふれて使いづらく、大きすぎるのも重くてかさばるため大変です。必要に応じて適した大きさがあった方が調理がはかどるでしょう。またボウルを選ぶ際には、材質にも気を付ける必要があります。プラスチック製のボウルは安価で形も豊富な種類が揃っています。ただしプラスチックは熱に弱いため、金属やシリコン製のボウルも用意した方が無難です。

キッチン雑貨は、ギフト需要の高い雑貨のひとつです。ブライダル用のギフト商品を揃えているインテリアショップもあります。